レンタルとリースの違い

会社で使うコピー機は購入する以外に、レンタルやリースをするという選択肢もあります。レンタルとリースの違いを紹介します。レンタルは所有権がレンタル会社、リースは所有権がリース会社となります。どちらも借りるだけなので、所有権はそれぞれの会社となっています。

契約者については、レンタルは個人と法人両方可能ですが、リースは法人のみです。リースは初期費用が掛かりませんが、レンタルは初期費用がかかります。利用期間については、リースは5年から7年前後、レンタルは数日から3年前後とかなり違ってきます。一度契約するとレンタルは途中解約が可能ですが、リースは途中解約ができません。使用する機種は、リースは新品のみである程度から選べますが、レンタルはレンタル会社が所有している機種から借りるので選択肢がありません。

リース契約をしたいが費用を抑えたいので中古をリースしたいと希望しても、新品のみとなるので中古は扱っていません。しかし常に最新の機種をリースできるので、機能が充実しているなどメリットもあります。短期間のみはレンタルの方が向いていますが、ほとんどが中古で少し古いタイプです。月々の費用はレンタルがやや割高で、リースは意外とお得ですが、契約期間が長くなります

参考HP【OAランド|リースコピー機取扱

Pocket